17/12/9,10 丸沼高原特別レッスンレポ

投稿日
<丸沼高原特別レッスンレポート>

タントスキークラブに今年入会した加藤一馬です。

イベント初参加、今シーズン初滑り、丸沼高原も初ということで、初物づくしの丸沼高原特別レッスンに参加したのでレポートしたいと思います。

まずは昼の部。 私の入ったグループは鬼澤文乃コーチのグループでした。

足首を意識したポジショニング、内転筋を使ってエッジを立てることで雪面を捉える動き、そこから発展してターンの切り替えの早いタイミングからスキートップのインエッジで雪面を捉えていく動きを学びました。 また外スキーの向きと体の向きが交差してターンに入っていき、スキーに荷重し続ける動きも学びました。

私のパラレルターンはシェーレン(はさみ)状に開く傾向があるのはわかっていましたが、それをどう直すのかは分かっていませんでした。 今回のレッスンでうまく滑れた時はシェーレン状になる癖が直ることが分かりました。 シーズン初めに課題が見えたのはとても有意義でした。 ワンランク上の滑りが出来るようになりたいですね。 

次に夜の部。

夕食後、各グループに分かれてビデオミーティングがあり、昼の滑りを見ながらアドバイスをもらいました。 自分の滑っているときの感覚とビデオに写っている姿のギャップに一喜一憂です。 そのあとの懇親会では、皆さんから多くの話を聞かせていただき、とても多くの刺激を受けました。 またアットホームな雰囲気で時間が経つのも早く感じました。

 

次は2月の尾瀬岩鞍に参加予定ですが、今から楽しみにしています

 

加藤一馬

コメントを残す